大雪(たいせつ)~2021年は?その意味と季節・季語・養生法【二十四節気】

二十四節気

大雪(たいせつ)とは

二十四節気

大雪(たいせつ)というのは、二十四節気の1つです。

(二十四節気は1年を春夏秋冬の4つに分け、それを更に6分割したもの。)

大雪(たいせつ)はその第21番目に当たります。小雪の次。

2021年の大雪は 12月7日

12月7日から12月21日までですね。(次の「冬至」が12月22日です)

小雪 → 大雪 → 冬至

大雪(たいせつ)の意味は?

現在の日本では地域によって大きく差がありますが、北国では雪が激しく降り始める時期です。

「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と表現されます。(暦便覧)

本格的な冬ですね。鮭やブリが美味しい季節でもあります。

大雪(たいせつ)はこんな季節(七十二候)

古代中国で考案された季節を表す方式に「七十二候(しちじゅうにこう)」があります。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間です。

七十二候によると大雪は、

初候
閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる) : 天地の気が塞がって冬となる

次候
熊蟄穴(くま あなに こもる) : 熊が冬眠のために穴に隠れる

末候
鱖魚群(さけのうお むらがる) : 鮭が群がり川を上る

「大雪」が季語に入った俳句

貴さや 雪降ぬ日も 蓑と笠        松尾芭蕉

てのひらに 熱き火桶や 雪景色      日野草城

子が寝て 妻の水のむ 雪明り       加藤楸邨

降る雪や 明治は遠く なりにけり     中村草田男

彼の道に 黒きは雪の 友ならん      高浜虚子

大雪(たいせつ)を含む冬の養生法

冬は「立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒」の6つの節気です。

草木が枯れ、空気は乾燥。体が冷え、気血の循環が悪くなり、関節や筋肉がこわばります。

人体は「陽消陰長」が緩慢になり、体を休ませる時期。しっかりエネルギーを蓄えましょう。

 

この時期、五臓では「」の機能が盛んになります。

腎の特徴は、骨・髄・脳髄・生殖能力を含み、身体の成長や各臓腑に精力を提供していること。

女性や子ども、高齢者の方は保温に気をつけましょう。

情動は、とにかく穏やかに過ごすのが一番。激しく怒る・驚く・悲しむなどの感情は極力抑えることが大切です。ストレスを減らしてゆったりと生活してください。

大雪(たいせつ)を含む冬の食事

冬の自然は草木が枯れて寂しく見えますが、大地は春に向けてエネルギーを蓄えています。

人の身体も同じく、冬はパワーを養いましょう。

寒い大雪(たいせつ)の時期は、身体が温まる鍋料理がオススメです。

腎陰を養うために良い食材は、卵、キクラゲ、百合根、牛乳、貝類、黒ごまなどです。

腎陽を補うため、ネギ、ショウガ、ニラ、クルミ、羊肉、エビなどを食べましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。