某番組で「痛風」のことを取り上げていました。何を隠そう、私も痛風発作経験者です。今は治まっていますが、あの「風が吹いても痛い」という発作を何度も経験してしまいました。それは半端ではない痛みです。429b62173c224972fd83b24d25b655ed_s

痛風デビューは29歳の時でした。横浜に住むためアパートを探し回っていた時、綱島の駅前で奴はやってきました。歩き疲れてへとへとになり、ちょっと休憩しようと思ったとたん、右足の親指の付け根に激痛を感じました。すぐ近くでビルの工事をしていたのが見えたため、私は落ちていた釘を踏みつけたと思ったのです。痛みでその場から歩けなくなり、心の中で「こんなところに釘を落とした奴は誰だ!コノヤロー!!」と叫んでいました。血走った目で工事現場のおじさんたちをにらみつけていたのです。恐る恐る自分の足を見ると、何も刺さっていません。でも痛い。そこで靴を脱ごうとしたのですが、痛くて脱げません。むりやり靴を脱いでみたのですが、血が出ていない。一体何なんだこれは・・・・っと思ったものが痛風発作だったのです。声を出して怒鳴らなくてよかった。にらみつけたおじさんたち、ごめんなさい。

その後「鍼灸で痛風を治せます」と言いたい為に病院に行かず、数々の人体実験を自分に試してみましたが、結果は発作の繰り返しでした。尿酸値を下げておかなければなりません。結局今は病院の薬を飲み、尿酸値は正常値を保ち続けています。尿酸値が高いと言われた皆さんは、必ず病院の薬を飲んで下さい。懲りずに痛い目を見続けた私からのお願いです。