腰椎椎間板ヘルニアは腰や臀部に痛みが生じ、下肢に痺れや痛みが放散して足に力が入りにくくなります。

椎間板内の髄核が後方ないし後外側方へ突出(膨隆あるいは脱出)した状態です。

腰部での椎間板ヘルニアは下部腰椎間に起こりやすいため、馬尾神経あるいは神経根を圧迫する結果、腰痛、特に坐骨神経痛を起こします。

重い物を持ち上げようとしたときに発症することが多いようです。特に重い物を持ち上げなくても、たんに腰を伸ばそうとしたときやスポーツが誘因となって起こることがあります。

悪い姿勢での動作や作業などでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。

 

当院の施術内容

腰椎椎間板ヘルニアに対して、鍼灸治療では腰周辺や下肢の筋肉の緊張を緩和し、鎮痛効果を目的に施術いたします。

他に運動療法や高周波・マイクロカレント療法を並行し、より効果を高めます。

赤外線を使い腰を温めながら、疼痛や炎症を抑える施術を行い、痛みを軽減します。痛みが軽くなると運動療法を行います。

腰椎椎間板ヘルニアになっても突出した髄核は元に戻ることが確認されており、少し時間がかかりますが鍼灸治療で改善する方は多いです。

これらの方法でよくならない場合や下肢の脱力、排尿障害があるときには専門医を紹介し手術になることもあります。

最近では内視鏡を使った低侵襲手術が広く行われるようになってきました。

 

施術料

一般施術(大人) 2,000円
65歳以上の方  1,500円
大学生・高校生  1,200円
小・中学生、幼児 1,000円

保険による診療の自己負担額

保険診療 3割  600円
保険診療 2割  400円
保険診療 1割  200円

回数が多くなる場合は保険による施術を検討していただいています。

保険による治療の詳細はこちら →

ご予約・お問い合わせはこちらへ

電話番号  01658-2-1330

メールの方は お問い合わせフォームへ