3月16日(土)は眞久寺さんで中医学研究会の勉強会を行ないました。
年に5回、定期的に行なっており、今回は第65回目になります。

演題は、前半が桜木先生の「眼瞼下垂と流涙症」、
後半は村田先生の「要穴の意義 募穴について」でした。

眼瞼下垂やドライアイ、流涙症の原因と治療法はとても参考になりました。
効果のある経穴、漢方薬は今日から使えそうです。

募穴は解剖図を見ながら参加者全員で確認。
改めて正確なツボの位置を細かく探ることが出来ました。

 

【医療従事者の皆様へ】

医療従事者専用の、医薬品情報検索サイトを見つけました。

約20,000品の薬価基準収載品の基本情報や添付文書を標準掲載。

採用医薬品の決定や患者対応に役立つ+αの情報をまとめて閲覧できる業界初の(医療従事者専用)医薬品情報検索サイトです。 (利用料も無料、課金が必要な機能等もありません)

フリーワード検索では基本情報及び添付文書、PICKUP情報に記載されているテキスト全てから引用。

「高血圧症 橙色 顆粒」などの曖昧検索もでき、患者の持参薬検索にも役立ちます。

→添付文書の主要項目ごとに異なる医薬品との比較表を作成可能。

そのまま印刷して採用医薬品の会議などに資料としても利用できます。

興味があったら登録してみてください。

持参薬の照合ができる医薬品検索サイト『Sirakus(シラクス)』