症状別の施術

自分に当てはまる症状をクリックしてください。

腰の痛み

筋筋膜性腰痛
身体を支える組織のうち、筋肉・筋膜、腱などの軟部組織に加わった負荷により生じた炎症による痛みと考えられるものです。 急性腰痛あるいは慢性腰痛の原因になります。 急性の痛みは、重いものを持ち上げたり、野球やゴルフでのスイングなどス...
ぎっくり腰(急性腰痛症)
激しい痛みを伴うぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」で、原因は多岐にわたります。 何度も繰り返している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 骨の歪み・過度なスポーツによる筋肉負担だけでなく、重い物を持ち上げる時、椅子に座る時、ある...
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアは腰や臀部に痛みが生じ、下肢に痺れや痛みが放散して足に力が入りにくくなります。 椎間板内の髄核が後方ないし後外側方へ突出(膨隆あるいは脱出)した状態です。 腰部での椎間板ヘルニアは下部腰椎間に起こりやす...
腰部脊柱管狭窄症
加齢や働き過ぎ、または背骨の病気による影響で椎間板が変形し、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されて痛みを起こします。 脊柱管というのは脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色...
姿勢性腰痛
姿勢の不良のために起こってくる腰痛です。 柔らかいソファーに座り長時間テレビを見たり、同じ方向に足を組んで座り続けたりすると起こります。 出張先や旅行先のホテルで身体に合わないベッドで寝たときなど経験がある方もいるのではないでし...

肩の痛み

肩こり
長時間、体が緊張するような姿勢をとり続けることで肩周囲の筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こります。 近年ではパソコンやスマートホンの使いすぎで肩こりになる人も多く、国民病ともいえるのではないでしょうか。 猫背や前かがみなどの姿...
五十肩(肩関節周囲炎)
肩の痛みと運動制限をきたす疾患で、40代や50代の方に多いためこのように呼ばれますが、正式には肩関節周囲炎といいます。 最初は肩関節付近が少しずつ痛くなり、腕を動かしにくくなってきます。 少しずつ痛みが鋭くなり、...

膝の痛み

変形性膝関節症
変形性膝関節症は高齢の方、特に女性に多く見られる膝の痛みです。最初は立ち上がる時や動作開始時だけに痛み、休めば痛みがとれますが、ひどくなると正座や階段の上り下りが難しくなります。 変形が目立ち膝がピンと伸びず、安静時にも痛みがとれなくなる...

内科疾患

頭痛に対する鍼灸治療
頭痛の分類と対処法についてはこちらをご覧ください。⇒ 頭痛の分類と対処法 頭痛は誰でも一度は経験する疾患です。 ここでは頭痛に対する東洋医学的な考え方、当院での治療内容を説明します。 鍼灸治療では、頭痛を「外感性」と「...
頭痛 ― 分類と対処法
頭痛は誰にでも起こりうる疾患。成人の3人に1人は経験があると言われています。当院を訪れる方にも訴えが多い疾患の一つです。しかし中には命に関わる危険な病気が隠れていることもあるので要注意!「よくあることだから」と簡単に考えないようにし...
マスク頭痛・マスク肩こりの原因と対処法は? マッサージするべきツボ(経穴)
急増している「マスク頭痛」「マスク肩こり」 新型コロナウイルスやインフルエンザの予防にマスクは必需品。 私も1日中付けています。 でも何となく息苦しいし、長時間付けると頭や耳の後ろが痛くなってきますよね。 今、マスク着用...

 

美容鍼灸

【鍼灸美容】審美六鍼による『刮痧(かっさ)』療法
古代の中国の鍼には異なった9種類があります。一般に「古代九鍼」と呼ばれ、その形状や使用法は目的によって様々です。 この中で関西医療大学の王財源先生が顔面部の肌に刮痧(かっさ)法を与えて生体に作用させ、美容を促進させる補助鍼具と...

 

外傷・後遺症

スポーツ外傷・障害に対する治療
スポーツによって起こった外傷や障害を的確に判断し、一日も早く復帰できるようにお手伝いをしています。 野球やバレーボール、サッカーやバドミントンなど競技特有の動作やフォームを考慮しながら施術します。 ご予約・お問い合わせはこちらへ...

 

鍼灸治療

 鍼灸治療は鎮痛(痛みを鎮める)作用、自律神経の調整による内臓の活性化、免疫作用を高める作用などが全国の様々な機関で科学的に研究されております。当院では中医学をベースに、鍼灸治療が持つ筋緊張の緩和・血行促進・鎮痛などの効果を最大限に生かした治療を行なっています。

また、当院では100%ディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を使用しています。安心してご来院ください。

 

高周波・マイクロカレント療法

②コピー

高電圧電気刺激療法 [Hi-Voltageモード ]

高電圧で短時間に加えられた電気刺激が、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達。痛みの軽減や血行促進、治癒促進を助けます。

マイクロカレント療法 [MCRモード ]

もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進します。ほとんど刺激を感じない極めて弱い電流で、運動後の筋肉痛の軽減、損傷部位の鎮痛、治癒促進効果などに有効です。