論語【里仁第四】九
[本文]
《子曰、士志於道、而恥悪衣悪食者、未足與議也。》
[書き下し文]
子曰く、士道に志して、悪衣悪食を恥ずる者は、未だ與に議るに足らず。

035796
[口語訳]
先生が言われた。「道を志す士人でいて、悪衣悪食を恥じるような者は、ともに語るに足らない。」
[解釈]
「悪衣悪食」というのは外見(服装など)がボロで、食べ物が粗食であるということだと思われます。
男子たるもの、一度正しい道を歩もうと志したからには外見の格好を気にしていたり、食べ物が貧相であるなどと言っていたりするようでは全く話にならない、ということでしょう。「清貧」という言葉がありますが、志を持った者は悪衣悪食など恥じてはいられません。中途半端なプライドを捨て、形振り構わず自分の道へ突き進むことが大切なんですね。