アサガオ今朝もきれいにアサガオが咲いていました。

アサガオは熱帯・亜熱帯に自生する一年草ですので、6月に種を植えています。
今年は北海道も気温が高く、晴れた日の早朝はいつも咲いています。

このアサガオの成熟した種子は漢方薬に使われます。
「牽牛子(けんごし)」と言って、肺・腎・大腸の病に用いられます。
粉末を生姜、大棗の煎じたお湯で服用すると、水腫実証の浮腫や尿量減少、便秘などの症候に効果があります。
しかし毒性もあるので、むやみに我流では服用しないようにしましょう。

花言葉は「愛情」や「はかない恋」などがあるそうです。