もうすぐお盆です。早いものですね。今日は「お盆」について調べてみました。一般的には8月13日から16日までをお盆の期間とし、「先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく成仏してくれるようにと、子孫が報恩や追善の供養をする期間」とされています。

正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」というそうです。盂蘭盆会というのはサンスクリット語の「ウラバンナ」が由来といわれています。そしてこのウラバンナという言葉には「地獄で逆さ吊りにされている」という意味があるそうです。何とも怖い話のようですが・・・cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s

お盆というのは、お釈迦様の弟子である目連尊者(もくれんそんじゃ)が母親を救う話に由来しているということでした。目連尊者がある時、神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち、逆さ吊りにされて苦しんでいると知ったそうです。そこで、どうしたら母親を救えるのかお釈迦様に相談したところ、「夏の修行が終った7月15日に僧侶を招き、多くの供物をささげて供養すれば母を救うことが出来るであろう」と言われたと伝えられています。

そこで、目連尊者がお釈迦様の教えのままにしたところ、その功徳によって母親は極楽往生がとげられたといいます。それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったそうです。(「はてなキーワード」で検索してみました。)

最近は100歳以上のお年寄りが何十人も消息不明という、考えられない事態が起きています。中には已むにやまれぬ事情がある人もいるでしょう。しかし、自分の親が生きているかどうかもわからないという人がいるのも事実です。寂しいことですね・・・。

年に一度、お盆くらいは家族や親戚が連絡を取り合い、先祖や亡くなった人達の成仏を祈るようにしたいものです。